デザイン名刺とはどのようなものかを説明します

デザイン名刺とは、プロのデザイナーの手によってデザインされたオリジナリティ溢れる名刺のことです。確かに企業やお店などでは、昔からプロがデザインした統一感のある会社独自の名刺はありました。もちろん、それなりのクオリティの高さもあります。しかし、それらの殆どは既成の名刺の型にはまった無難なデザインであり、デザインのオリジナリティを前面に押し出したような名刺は少数派でした。しかし近年、名刺1枚にもこだわりを持つ人も増えてきましたので、斬新なデザインの名刺も増えてきました。それで従来の名刺には見られなかったようなデザイン名刺の分野も、どんどん近畿が高まって台頭してきているのです。それは芸術作品のように個性的な名刺であり、それでいて遊び心もあり、非常にインパクトの強い名刺なのです。

自分だけのこだわりこそがデザイン名刺の真価

名刺とは、少し極端な言い方をすると、名前を覚えてもらったり連絡先を伝えたりすることができれば最低限の用は足りるといえます。実際、そう考えて名刺を活用しているサラリーマンなどは多いと思われます。ですから、特に見栄えの悪い低レベルの名刺でもない限り、そういう人は名刺に高いデザイン性などは求めないのです。しかしその一方で、名刺のデザインにも気を遣う人も確実に増加してきましたので、デザイン名刺の需要は拡大傾向にあるのです。ですから他には見られないような個性的な名刺も、一般的にも認知されるような世の中になってきたのです。そんなデザイン名刺の真価とは、自分だけのこだわりのあるデザインです。自分や自分の職業などを表現してくれるのに最適な、オリジナリティ溢れるデザインなのです。

デザイン名刺も名刺の本分は大切にすべき

しかし、そんなデザイン名刺も名刺の一種であることには変わりはありません。ですからデザインには自分独自のこだわりをもつとは言っても、決して「何でもあり」というわけではありません。名刺である以上は、受け取った人が一目で名刺だと認識できなければなりません。また、あまりにも奇抜なデザインでは、相手に好印象は伝わりません。名刺の本分とは渡す相手のために存在しているということなのですから、その辺は常識の範囲内で考えるべきです。ですからデザイン名刺とは言っても、自分さえ気に入れば良いとは言えません。デザイン名刺も、ちゃんと受け取る相手のことも十分に考えたデザインでなければならないのです。ですからプロのデザイナーに依頼するとしても、あまり常識外れな注文や希望は慎みましょう。